髭を伸ばすところからその手入れの仕方について

私は大学生のころから髭を伸ばすことを始めました。当初は、あごひげのみを伸ばしていたのですが、その際実施していたことを記入します。あごひげはそのままそらなければ伸びてはいきますが、それ以外の場所は剃る必要があります。そのため、あごひげ以外の部分は電気かみそりと普通のかみそりで剃るようにしていました。そしてあごひげに関しては形を整える事に終始しておりました。一週間ぐらいはそのまま放置していて問題ないのですが、それ以上になるとあごひげに関しても形を整える必要が出てきます。

そこで2週間を越えたあたりからあごひげを見た目きれいに見せるべく、鼻毛きりなどの小さなはさみを使って、自分なりに整える事にしました。整えるにしても長さをどうしたいとか個々に好みがあるので、私はまず雑誌などを読みあさり、その中でこれだといった写真を見つけ、その写真のようにあごひげが伸びるように整えることにしました。

そしてある程度伸びた状態で、実際に床屋さんにいき、めざしたいあごひげの写真を見せて、このようにカットしてほしいとお願いしたのを憶えております。ただし、ここからが重要となります。あごひげを整えることはできても髪の毛のように月に1回程度床屋に行けばいいというわけではなく、日々の管理が必要となります。あごひげは常に毎日管理が必要となるからです。

私は、床屋さんで理想的なはさみを紹介していただき、それに基づいて、毎日処理を繰り返しつつ、目指したいあごひげに近づけるようにしてきました。
そして、短いときは問題なかったのですが、長くなるにつれ髪の毛同様リンスなどを使って毎日洗っていたのを憶えています。
とにかく、毎日の処理(カットとリンスなどを使用した洗い)が必要だと考えます。